労働判例INDEX
1176号 「A研究所ほか事件」 (横浜地方裁判所川崎支部 平成30年11月22日 判決)
〜訪問介護サ−ビス事業を行う会社の従業員が、勤務時間中に他の従業員から暴行を受けて
  受傷したことにつき、会社の使用者責任の有無が問われた事例〜
1175号 「国・大阪中央労基署長(LaTortuga)事件」 (大阪地方裁判所 令和元年5月15日 判決)
〜極端な長時間労働に従事していた調理師の心筋炎発症につき業務起因性が肯定された事例〜
1174号 「A市事件」 (最高裁第三小法廷 平成30年11月6日 判決)
〜普通地方公務員(単純労務職員)がコンビニで行ったセクハラ行為を理由になされた
  懲戒処分(停職処分6月)の取消請求につき、これを違法とした1審および控訴審を覆して
  それを適法とした最高裁の事例〜
1173号 「鳥伸事件」 (大阪高等裁判所 平成29年3月3日 判決)
〜デパ−トの売場にテナントの一つとして入っている鶏肉店が労基法にいう事業場と認められ、
  そこで就労していた労働者の定額残業代の有効性が争われた事例〜
1172号 「学校法人大阪医科薬科大学(旧大阪医科大学)事件」 (大阪高裁 平成31年2月15日 判決)
〜アルバイト職員と正職員の労働条件の相違が一部につき、労働契約法20条に違反するとされた事例〜
1171号 「佐賀県立高校事件」 (佐賀地裁 平成31年4月26日 判決)
〜自律神経失調症、うつ病等の診断を受けて病気休職、その後、通院加療を受けていた高校教師Xが
 「X1だより」の転出者欄に「病気休暇」と掲載されたことについて損害賠償を求めた事例〜
1170号 「三栄製薬事件」 (東京地方裁判所 平成30年3月19日 判決)
〜原告労働者(女性)のパワ−ハラスメントの主張が否定され損害賠償請求が認められなかった事例〜

BACK  NEXT